【初心者必見】HTMLとCSSについて


HTML&CSSとは何か?

HTMLとCSSの関係性について


初心者からかっこいいWeb制作をしたいと思っても躓いたことはありませんか?
今回の記事では以下のようなことを紹介して行きます。

今回でわかること

・HTMLとCSSそれぞれについて
・HTMLとCSSの違いについて

HTMLとCSSの基礎について、わかりやすく解説したためぜひ参考にしてみてください!

HTMLとCSSの関係性

HTMLとは?

HTMLとは、ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージの略で、コンピュータが理解できるマークアップをするための言語です。マークアップとは、文章構成の指示のことを言います。
簡単に言うと、ホームページ上のどこに文字や画像を配置するのかを決めるのがHTMLです。
Web制作では、ホームページ上に表示をしたいテキストや画像に対し、HTMLという言語で、コンピュータに文章構成を支持するところから始まります。

CSSとHTMLとの違い

また、CSSはHTMLのようなプログラミング言語とは違い、スタイルシート言語と言われています。
ホームページ上にテキストや画像をどのように配置するのか指定する HTMLとは違って、CSSは、HTMLによって配置されたテキストや画像をどのようにデザインするのかを決める言語です。

以上の二つから、ホームページを制作することができます。
また、JavaScriptを導入することで、よりクオリティの高いホームページを作成することができます。

CSSの基本的な活用方法

文字の大きさを変える

CSSでは、文字の大きさを変えることができます。

See the Pen
by tomoyakodama (@tk0406)
on CodePen.

また、大きさ以外にも太さやフォントの種類も変えることができます。

色を変える

文字の色や背景の色も変更することができます。

See the Pen by tomoyakodama (@tk0406) on CodePen.

余白を作る

文字の周りの余白を作ったり、画像の配置する場所や大きさも変更できます。

See the Pen by tomoyakodama (@tk0406) on CodePen.

まとめ

CSSは、HTMLがホームページの「構造」に対して「装飾」を指定する言語でした。
通常、プログラミング言語は一つで完結するものも多いですが、HTMLとCSSは二つで一つという構造になっております。
未経験からフリーランスを目指す方は、まずは弊社の無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングに申し込む

1 COMMENT

コメントを残す